スタッフブログ

明けましておめでとうございます。

2017.01.01 | ライター: | お知らせ

改めまして、本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて、トリの漢字、答えです。(右上から)

2017_nenga_kotae画像

 

鷲(わし)、鷚(ひばり)、鶴(つる)、鳩(はと)、鳳(おおとり)、鴃(もず)、鴇(とき)

鳶(とんび)、鴛(おしどり)、鶵(ひな)、鴨(かも)、鴫(しぎ)、鴬(うぐいす)

鵂(みみずく)、鵜(う)、鶏(にわとり)、鵺(ぬえ)、鶇(つぐみ)、鶉(うずら)

鶻(はやぶさ)、鷺(さぎ)、鷹(たか)、鴗(かわせみ)、鸛(こうのとり)、鵄(とび)

鵆(ちどり)、鵠(くぐい)、鵤(いかるが)、鵯(ひよどり)、鵲(かささぎ)、鶩(あひる)

鶄(ごいさぎ)、鴎(かもめ)、鶸(ひわ)、鳫(かり)、鴉(からす)、鶚(みさご)、鳰(にお)

鶲(ひたき)、鷭(ばん)、鵐(しとど)、鵬(おおとり)

 

いくつ読めましたか?(私はせいぜい半分・・・汗)

あれ、クロマティ!?

2015.04.24 | ライター: | お知らせ

tommyrot=管理人でございます。

忙しさにかまけて更新サボること4か月半。

年度末納品物の実績等、近日アップする予定です。

 

お茶濁しに、最近YouTubeで観たおもしろいCMをご紹介。

最後の「野茂 vs カブレラ」が(というかカブレラが)すごいです!

 

って、すでにネタバレしてしまいました、失敬(笑)。

 

G’s Baseball Party

 

G's Baseball Party

千葉県初!広報紙が動き出す

2014.05.07 | ライター: | お知らせ

「広報かとり」ARと電子ブックが5月1日公開されました。
広報紙でのARと電子ブック導入は千葉県初となります。
(「ニュース」に香取市様ホームページへのリンクがあります)

 

ARとは写真などをスマートフォンでかざすと、まるで写真が動き出したかのように
動画を見ることができるシステムで、小社が制作を担当させていただいています。

 

表紙の「広報かとり」ロゴをかざすと、香取神宮式年神幸祭の動画を見ることができます。
12年に一度の祭事で、色彩豊かな御座船が利根川をのぼる姿は感動的です。
この感動が、ダイジェスト版(40秒)をARで、3分間の動画を電子ブックで楽しめます。

IMG_7814_r 御座船

 

想えば、2010年iPadが日本に上陸し、
電子ブックの「不思議の国のアリス」や「スポーツ・イラストレイテッド」が
動き出したことに感動を覚えました。
小社が(私が?)電子ブックに取り組んだきっかけです。
あれから4年。スマートフォンが急速に普及し、技術は革新しました。

 

しかし、ARや電子ブックはあくまで道具です。
改めて思います。感動を生むのは「広報かとり」に携わる方々の伝えたいという気持ちだと。
これからも、情報とともに感動を発信するお手伝いができればと思っています。

読売140429_広報かとり_r

読売新聞(平成26年4月29日)で紹介されました

薫風と花嫁の父

2013.05.29 | ライター: | お知らせ

はじめまして。buyu15(ブユウイチゴウ)です。

風薫る季節となりました。あやめが見ごろを迎えています。

この時期になると思い出す光景があります。

 

東洋一のハナショウブ品種を誇る水郷佐原水生植物園の「水郷佐原あやめ祭り」を以前取材しました。

あやめ祭り期間中に開催される「嫁入り舟」が素敵です。

サッパ舟が主な交通手段であった水郷の地ならではの「嫁入り舟」を再現した、本物の結婚式が執り行われます。

 

和装姿の花婿花嫁がサッパ舟に乗って園内の池を巡ります。

「花嫁さんこっち向いて」「お婿さん表情硬いよ」と観光客の歓声。

にこやかに、少し誇らしげに、軽く手を振る花嫁。池中央にある中の島で、香取神宮の宮司による挙式が執り行われます。

無事挙式が済むと、観光客から一斉に拍手が沸き起こり園内に一体感が生まれます。

 

サッパ舟は三艘連なっていて、一艘目は花婿花嫁、二艘目は花婿の家族、三艘目は花嫁の家族です。

目は自然と花嫁の父を追っていました。

衆目の中での挙式だからでしょう。サッパ舟の父上は姿勢を正し、淡々と、涼やかに振る舞っていました。ただし笑顔はありませんでした。

主役は花嫁ですが、花嫁の父から、あやめのような凛とした印象を受けました。

 

今年も6月から「水郷佐原あやめ祭り」が開催されます。

あやめの薫りと嫁入り舟が楽しみです。

D3-C-002-1

「elitas」開設しました!

2013.03.22 | ライター: | お知らせ

(株)エリート情報社 印刷出版局のウェブサイト「elitas(エリタス)を開設いたしました。

サイト名は、エリート情報に新たな価値をプラスする(=足す)という意味合いを込めた造語で、

ラテン語で「elite(エリート)」を表す「èlectus(エレクタス)」からヒントを得ています。

 

つくりはシンプルに、「まずは実績をご覧ください」を旨としております。

随時アップデートしていきますので、ぜひお気軽に覗いてみてください。

ブログでは、各スタッフが日々の活動やニュースをお伝えしていきます。乞うご期待!